• このページを印刷する
  • このページをメールで送信する
体験File2

価格は100円からスタート!オークションサイト「エコオク」って?2009/01/09

“地球にやさしく”がモットーのオークション「エコオク」を知っていますか?

こんにちは、おーつです。

前回、ウインローダーさんにご協力いただいて、
不用品回収の「エコ回収」に同行させていただきました。
ウインローダーさんは地球にやさしい取り組みをしている会社さんで、
不用品をゴミにしないため、回収してきた不用品を
自社のオークションサイトに出品したり、
リサイクルショップ店舗で販売したり、
再資源として解体・分別といった事業をされています。

今回もウインローダーさんにご協力いただき、
「エコランド」で回収した不用品がオークションサイト
エコオク」に出品されるまでの流れを教えていただきました。

「エコオク」は、「エコランド」で回収された不用品を専門に取り扱う、
新しいタイプのオークションサイトです。

商品カテゴリは大きく分けて
・インテリア、収納
・家電
・パソコン関連
です。その他、健康器具やゲーム機なども出品していることがあります。

価格はなんでも100円からスタートし、商品の掲載期間は3日間と
入れ替わりの頻度が高いのが特徴です。

今回は体験ではないのですが、ウインローダーのオークション担当・粕谷さんに
商品がオークションに出品される過程を、細かーくお聞きしてきました!

よろしくお願いします!

笑顔が素敵な粕谷さん

−なぜ不用品をオークションで販売しようと思ったのですか?

“モッタイナイ”が原点です。
もともと、お客様から次のような2つの声を頂いておりました。
「まだ使えてモッタイナイので、誰かに使ってもらえないかしら」
「回収されたものがどうなっているのか。
 本当にちゃんと処理しているの?」
これらにお応えするために、回収品をすべて出品し、
見える化をした独自のオークションサイト「エコオク」が誕生しました。

−回収品で買い手がつくものはどれくらいの割合なんですか?

およそ1割ですね。
「エコオク」の出品期間は3日間と短期間です。
その間に落札されなかった商品は、リユースとして、
リサイクルショップやYahoo!オークションで販売され、
次にリサイクルとして、ゼロエミッションセンターでの再資源化が行なわれます。
リサイクルも難しいものは、
デザインにより生まれ変わらせるリアライズに活用されます。

−よく売れるものは?

パソコンです。
ノートパソコンは1万円〜、デスクトップだと7、8千円くらいで
売れています。

他に人気があるのはオーディオ機器です。
DENON、SONY、YAMAHA、SANSUI、ONKYOなどがよく売れています。
あとラックスマン真空管なども売れます。
きっとマニアの方がいるんでしょうね。

−「エコオク」で売れるとキャッシュバックがあるとか

はい、落札額の10%が不用品の提供者にキャッシュバックされます。
今後は20〜30%にしたいと考えているんですけどね。
いまは「エコオク」を始めてからまだ1年5ヶ月なので、知名度をUPさせたい
段階ですね。

−不用品回収サービスの「エコランド」で回収しないものはあるんですか?

ご家庭にある家電・家具・日用品などでしたら、なんでも回収します!
一部、可燃ごみや液体のもの、危険物など回収できないものがあります。

−回収されるもので多いものは何ですか?

大きくて1人では持てないものが多いですかね。
タンスとか、健康器具などです。
それから行政では引取できない冷蔵庫、洗濯機、テレビ、
あとはパソコンの回収が多いです。

−ありがとうございました。

不用品回収サービス「エコランド」については
前回体当たりレポートをしていますので、詳細はそちらをご覧ください。

パソコンのデータ消去作業に立ち会い・・・

パソコンのデータ消去作業に立ち会い

エコオクでも売れ筋というパソコンで肝要なのが
データ消去ですね。

人が使っていたパソコンなので、もちろんデータが入ったまま。
それを消去しないと売り物になりません。
データ消去には専用のパソコンソフトを使うそうです。

こちらがそのデータ消去ソフト

データ消去は主に2種類の方法があるそうです。
・アメリカ海軍方式―かかる時間は6時間
・グートマン方式―かかる時間はなんと2日間!

どちらも平たく言うと
データを全部“0”で上書きするイメージだそうです。
グートマンはその上書きする回数が多いので時間がかかるらしいです。

エコオクではアメリカ海軍方式でデータ消去をしているそうです。

グートマン方式と比べると時間が短く感じますが
それでも6時間もかかります。
東京-大阪間を新幹線で往復できるくらいですよ!
どれだけ上書きするんだよとつっこみたくなりますが
ここはデータ消去。慎重にいかなければ大事につながります。

実際のデータ消去作業の様子を見せていただきました

データ消去の前に、USBポートやマウス、キーボードなど
の動作確認もしていきます

試しにチェックしていたこのパソコン、
キーボードが反応しませんでした…
不具合があるものはジャンク品として出品します

動作確認を終えたら、いよいよデータ消去です!
自分のものじゃないのになんだかドキドキします=3

あとは消去作業が終わるのを待ちましょう。

ぬいぐるみから非常扉まで!なんでも回収する「エコランド」・・・

ぬいぐるみから非常扉まで!なんでも回収する「エコランド」

と、ここで気になるモノが…
ちらちらと視界に入るそのモノとは、

でっかいクマのぬいぐるみ!!
まるで人のようにイスの上に鎮座しておる

出品中の商品でした!
クマ太郎(今つけた)売れるといいね

他にもいろいろなものを「エコランド」
では回収しています。

たとえば、非常扉。(!)
どこでどう不用になったのかは置いておいて、
コレは分別してリサイクルするそうです。

非常扉は外側は鉄ですが中に
ダンボールが入っているので取り出して
ダンボールはダンボールでまとめるのだとか。

なんだかションボリする事実を知っちゃいました。
非常扉の中がダンボールだったなんてー。
こちらのようなドラムも回収します

楽器ももちろん回収しているそう。
私、ドラムを間近に見るのは初めてだったので興奮してしまいました。

ドラムに詳しい従業員の方にお話を聞いてみました。

―ドラムって高価なものだと思うんですが、どうして不用品として
 だしてしまうのでしょうか?

古くなったり、転居先では音が鳴らせないという理由で手放してしまう方が多い
んじゃないかと思います。

―ドラムはセットだとかなり大きいですね。いつもセットで回収されますか?

そうですね、大きいものから小さいものまでいろいろありますよ。
電子ドラムも回収したことがありますし、シンバルとか、
セットじゃない単品の打楽器も回収したことがあります。

―ドラムが出品されるまでの過程は?

音が出ないものは皮をはりかえたり、
胴体部分のネジを取り替えたり、消耗品を付け加えて出品します。

―ありがとうございました。

サイトに掲載するための写真の準備・・・

サイトに掲載するための写真の準備

エコオクでは、商品写真は回収作業中に撮影して
サイトにアップされる仕組みですが
それだと全体像や詳細まで分からないので
センターに回収された後に再撮影します。

見てください、ズラーっと並ぶパソコン。
これ全部出品する品物です。

ケータイカメラで撮影。
ケータイですがキレイに撮れていました!
なぜデジカメではないのかというと、
担当の粕谷さんが落として破損してしまった経験から
ちょっとやそっと落としても壊れない、ケータイカメラで
撮影することになったそうです

棚に入りきらない商品は隣の倉庫に保管されます。
家具から健康器具、ドラムまで…たっくさ〜んありました

大きいものは別の撮影場所でライトを照らしながら撮影します

ここでもやはりケータイカメラで撮影

商品のデータ入力をして出品作業完了!・・・

商品のデータ入力をして出品作業完了!

写真撮影が終ったら、商品の詳細情報を
PCで入力して終了です。

商品点検の際のメモ書きの情報をPCに入力していきます

こうしてこの後3日間、「エコオク」で出品されるというわけです。
毎日10数件、休日は30件ほど入力するそうです。

エコオク」は底値100円からのスタート!
もしかすると、お目当ての商品が100円で購入できるかもしれませんよ。 (ただし、送料は別途かかるそうです)

エコオクで落札するには、会員登録が必要になります。
落札したい商品があったら会員登録するのを忘れずに!

エコオクの「おーつの勝手にエコ度数」は・・・

エコオクの「おーつの勝手にエコ度数」は…

最後に、私が勝手につける「エコ度数」の発表です。
人におすすめできるエコか、本当に地球にやさしいか、
手軽にできるか、などなど参加・実行のしやすさを度数で表します。

今回の“おーつの勝手にエコ度数”は…
★★★★☆(5点満点中4点)

不用品が100円から落札できるオークションサイトは
とっても地球にやさしいですね!
手放したい人、欲しいモノを安価で手に入れたい人双方にメリットがありますし。

エコオクの商品の掲載期間は3日間と短めなので
探しているもの、お目当てのものがないか逐一チェックしないと
見逃してしまいそうなのが惜しいところ。
逆に言うと、全閲覧ユーザーが同じ条件なので、
こまめにチェックすれば掘り出し物ゲットのチャンスも高いかもしれないということですね!

あと、商品情報には物足りなさを感じてしまうかも。
家具などは特に、大きさや傷や汚れはどれくらいなのか
気になるものですからねー。

それでも100円から始まるのでその安さからいったら
文句は言えませんね!

掘り出し物を買いたかったら、週に3回はエコオクを
チェックしちゃいましょ〜!

取材協力:
株式会社ウインローダー(http://www.winroader.co.jp/
売りたい人、ほしい人、つながる。エコランドのオークション、エコオク。
http://www.eco-auc.jp/

  • このページを印刷する
  • このページをメールで送信する
最近の記事はこちら