その他生活費の節約

17時間目:3日坊主にならない、家計簿のつけ方

今日のテーマ「継続的に家計簿をつける方法」

家計管理の基本「家計簿」。つけなければいけないと思いつつ、
何度も家計簿つけに挫折した経験はありませんか?

家計簿つけが続けられない理由

「毎日几帳面に家計簿をつけようとするから」だと私は思っています。

「え、毎日家計簿つけなくてホントにいいの?」と思った方、
なぜ毎日家計簿をつける必要があるのか考えたことありますか?

家計簿をつける上で大切なのは、

毎日の収支を把握するのではなく、
最低限月単位でのお金の流れを把握すること

です。

家計簿を週単位でつけよう

基本的には「週単位」でつけるのをオススメします。

我が家では、毎週日曜日の夜に1週間分の家計簿をつけます。
所要時間は約10分くらい。
1週間に一度、約10分くらいなら、
皆さまもなんとか継続できるのではないでしょうか?

週単位でつける場合、
1週間分のレシート、領収書、お買い物したメモなどを
まとめて入れておく袋をつくると便利ですよ。

★☆「継続的に家計簿をつける方法」のポイント☆★

1.家計簿は毎日つけない。週単位でまとめてつける。
2.レシート、領収書などお金の出入りがわかるメモを必ず残す。

メルマガ:夕刊マダム通信~お金から開放されて幸せに暮らす方法(2005年04月12日より)
モッタイ・ナー博士の一言
家計簿をつけるまでは財布の中にいくら入っているのが把握なんぞしておらんかったが、つけるようになってからは、今日のお酒代は1000円まで、というふうに無駄使いをせんようになった。だがのぅ、酒を飲み始めるときれいサッパリ忘れてしまうのよ、予算のことを。だから一人酒はやめたのよ。寂しがりやってわけじゃないからの!

このメルマガを購読する!

夕刊マダム通信~お金から開放されて幸せに暮らす方法
努力せずに豊かな老後は手に入りません。年功序列の崩壊、新しい年金制度の導入など、お金の知識がないと大きな損失です。それに夫一人で家族を支えられますか?日本初「共働きコンサルタント」が経済的自由を手に入れて楽しく生きる方法を伝授します。
  • 発行周期:週刊
  • バックナンバー:すべて公開
  • マガジンID:0000154425
  • 発行者サイト:あり
メールアドレス: 規約に同意して
このカテゴリーのバックナンバー一覧はこちら
ナー博士おすすめの節約術はこちら